大林組、業績急落の背景にある「地方案件」の存在

資材高直撃、収益回復シナリオはなぜ狂ったか

大林組が工事を手がけている北海道ボールパーク(北海道北広島市)。工事の遅れなどが懸念されている(編集部撮影)

「ショックだった。突然の発表だったので、本当にびっくりした」

スーパーゼネコンのある首脳は、ライバルである大林組の決算についてこんな感想を漏らす。

大林組が11月8日に発表した2022年3月期の通期業績計画の下方修正は、ゼネコン業界に衝撃をもたらした。

突出した業績の落ち込み

修正後の売上高は前期比10.9%増の1兆9600億円だが、営業利益は同72%減の345億円と、大幅減益になる見通しだ。営業利益は当初計画に比べて605億円もの減額となり、東京五輪特需に沸く前の2014年ごろの水準にまで一気に低下する。

スーパーゼネコン各社は受注競争の激化を受けて採算悪化に苦しんでおり、今期については軒並み2桁の営業減益を見込む。その中でも、大林組の7割もの減益は突出した落ち込みとなっている。

下方修正を発表した11月8日の大林組株価は一時、前営業日終値比で10.7%安の885円をつけるなど、まさに「大林ショック」が市場を駆けめぐった。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ゼネコン異変」では以下の記事を配信しています。

大成建設の大物が大和ハウスへ、仰天人事の真相

大林組、日建連「三役」を初めて引き受けた背景

「大成建設ショック」襲来、ゼネコン決算に異変あり

大成建設の副会長、大和ハウスへ電撃移籍した舞台裏

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT