JFEが「シェア拡大」よりも徹底的に重視する戦略

柿木厚司社長「国内の生産能力増強はしない」

需給の逼迫でJFEの生産設備はフル稼働状態(写真:JFEホールディングス)
鉄鋼業界が好業績に沸いている。業界2位のJFEホールディングスも2期連続の最終赤字から一転、2021年度は2500億円(黒字)の純利益を見込む。
復活は本物なのか。先行きのリスクをどう見るのか。柿木厚司社長に聞いた。

 

――業績は絶好調です。

2021年度はもう少し悪いのではないかと思っていた。よくなった要因の1つは国内でとくに製造業がコロナ禍からの回復が非常に早かったこと。もう1つは中国だ。

これまでは中国が輸出を増やし、東南アジアの市場が乱れることがあった。が、2021年半ばから、中国の内需が増えてきたことや、環境対策などから中国が政策的に輸出を抑えたことで海外市場が安定した。

――足元は中国経済が減速傾向で、自動車を中心に半導体不足の影響も長引いています。いつまで好業績が続くとみていますか?

中国からの輸出が少し出てきて海外市況が多少下がるリスクがある。ただ、事業環境に大きな変化はないと考えている。あえて言えば、非常に高い今の水準より1段か2段下がることはあるだろう。

――最大のリスクは中国でしょうか?

>>インタビュー全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

デジタル特集「鉄鋼 急回復の深層」では以下の記事も配信しています。

日本製鉄がトヨタに1ミリも譲らない事情

日本製鉄が真っ向否定する「儲けすぎ批判」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT