飛行機くじで大逆転?どん底「ピーチ」復活の算段

コロナ禍で業績悪化、債務超過から復活なるか

10月に初日を迎えた渋谷PARCOの旅くじ。記念すべき1人目の利用者となった10代の女性は「札幌だあ!」と喜びの声を上げていた(記者撮影)

1回5000円で「行き先を選べない飛行機旅」を――。

「旅くじ」と称する、こんなユニークな旅行商品を提供しているのは、国内LCC(低コスト航空会社)最大手のピーチ・アビエーションだ。8月に大阪市の心斎橋PARCOからスタートし、東京都や愛知県など全国4店舗のPARCOに設置した旅行自販機「旅くじ」でカプセルを購入してもらい、ランダムに指定された路線限定で旅行してもらう。

「札幌に行って、カニを苦労してむいて、隣の人にあげてきて!」など、旅行先の「ミッション」も指示される。この指示を守り、ピーチが運用する旅の口コミサイト「tabinoco(タビノコ)」に投稿すると、3000円相当のピーチポイントが当たる。12月17日からは航空機内でもカプセルを購入できるようになった。

企画のきっかけは8月、ピーチが心斎橋PARCO内のコワーキングスペース「SkiiMa」(スキーマ)へ入居するにあたり、施設内で売り上げをあげようとしたことだ。ピーチの小笹俊太郎ブランドマネージャーは「冗談みたいだが、社内では1日1個売れればいいと報告していたほど、売れると思っていなかった」と振り返る。

大胆なビジネス展開で差別化

ピーチの大胆なビジネス展開は旅くじにとどまらない。10月には航空券定額サービス「Peachホーダイパス」を販売した。10月19日正午の販売開始からわずか5時間足らずで完売した。購入者は11月、もっとも安くて1万9800円を支払えば、国内全路線が1カ月乗り放題となった。2022年1月にも同1万4800円からで、九州発着13路線限定の第2弾が決まっている。

ピーチは2012年の就航当初から、徹底した低コストと低運賃で差別化してきた。気軽に飛行機に乗ってほしいとの思いから「空飛ぶ電車」というコンセプトを掲げ、2020年度の旅客単価は全日本空輸が1万5700円、日本航空で1万3700円なのに対し、ピーチは7300円だった。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「航空異変」では以下の記事を配信しています。

ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈

ANAが黒字目標の「未達」を悔やまない意外な理由

「空の賑わい」戻らぬ夏、2強と中堅の格差浮き彫り

コロナ禍の「エアライン通信簿」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT