家電ヤマダ、再び「2兆円突破」に挑む創業者の執念

社運を懸けた「大型新業態店」の多店舗化急ぐ

茅ヶ崎店オープン前日の内覧を兼ねた会見には山田会長自らが出席。会見後は売り場に姿を見せ、自身で新業態のこだわりを解説する場面もあった(記者撮影)

年末商戦まっただ中の12月中旬の週末昼過ぎ。神奈川県のJR茅ヶ崎駅前にあるヤマダデンキの「LABI ライフセレクト茅ヶ崎」を訪れると、店内は家族連れなど多くの客で賑わっていた。

ライフセレクトは、家電量販国内最大手のヤマダが2021年度から展開を始めた新業態。茅ヶ崎はその10店舗目に当たり、旧ヤマダ店舗跡地に多層型の建物を建てて11月末にオープンした。全4フロアで構成する売場は、総面積が1.4万平方メートルと新業態の中でも広く、100億円規模の年商を目標とする大型店だ。

「ライフセレクトは、『暮らしまるごと』の事業コンセプトを発展させた先進型の店舗。先にオープンした店はどこもお客さんの反応がすこぶるいい。これが今後の店舗開発の中心になる」

創業者でグループを率いる山田昇・ヤマダホールディングス会長兼社長は、茅ヶ崎店の開業前日に開いた内覧会見で新業態に大きな自信を見せた。普段はメディア露出の少ない山田会長が、そこまで執念を燃やすのには理由がある。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT