トヨタが一気に「EVシフト」で計画大刷新の衝撃

2030年に350万台の販売を計画、EVに巨額の投資

トヨタは2021年12月の説明会で、市場に投入予定のEV16モデルを一挙に披露した(写真:尾形文繁)

「トヨタから事前説明はいっさいなかった。おそらくトップダウンで決めたのだろう」。

トヨタ自動車は2021年12月、EV(電気自動車)の2030年世界販売台数を350万台とする計画を発表した。FCV(燃料電池車)と合わせ200万台だった従来計画から、EVのみで150万台引き上げた。冒頭のトヨタ元役員であるグループ部品メーカーの首脳は大幅な上乗せに戸惑いを隠さない。

EVに4兆円を投資

トヨタは2030年までに乗用車から商用車までフルラインナップでEV30車種を投入する。説明会では同社初のEV専用シリーズなど、今後投入予定の16モデルを一挙に披露。

本気度は、投資額からも明らかだ。2030年までの車載電池向け投資は、従来計画から5000億円増の2兆円に拡大。車両開発を含めるとEVに4兆円を投資する予定だ。

トヨタは、強みとするHV(ハイブリッド車)やFCVと比べ、EVについては従来多くを語ってこなかった。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスの特集「EV戦国時代 不退転の日系メーカー」で以下の記事も配信しています。

日産は「現実路線」電動化2兆円投資の裏

ホンダに問われる脱エンジン戦略の具体化

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT