「ゴルフ場」用地が高値で売れまくる意外な理由

市場縮小は問題なし、100億円超の取引も続々

昭和飛行機工業が保有していた昭和の森ゴルフコースは物流用地となる見込みだ(記者撮影)

ゴルフ場やゴルフ練習場として利用されている土地を、需要の旺盛な物流施設に転用する事例が全国で続出している。

「(首都圏郊外を囲む)国道16号線の内側は、物流業界にとっては一等地。そこであの規模の案件が出てくるとは」。物流施設デベロッパーの幹部は舌を巻く。

幹部が「あの案件」と言っているのは、東京都昭島市の「昭和の森ゴルフコース」だ。総面積約56万平方メートルと都内有数の広さを誇るゴルフ場で、2020年3月にアメリカの投資ファンド・ベインキャピタルがTOB(株式公開買い付け)を行った昭和飛行機工業の不動産子会社が保有していた。

昭和の森ゴルフコースは2021年2月に、ひっそりと売却された。不動産登記簿によれば、信託受益権を取得したのは「昭島特定目的会社」。売却額は明らかではないが少なくとも数百億円もの値がついたようで、1000億円を超えるとの見方もある。特定目的会社は決済3日前の2月19日に600億円の増資を行っている。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT