多発する「富裕層詐欺」巧みにだまされる驚愕実態

甘い投資話にご用心、10億円が消えたケースも

富裕層に“怪しいやつら”が群がり、言葉巧みにだますケースが後を絶たない(写真:Atstock Productions/PIXTA)

「アメリカで太陽光発電を手がけている企業の社長になってもらえませんか?」

1部上場企業のナンバー2まで出世した後、引退した都内の男性は数年前、そんな誘いを受けた。

誘ってきたのは、アメリカで太陽光発電を展開している企業の社長。上場を目指しており、豊富なノウハウを持った新たな経営者を探しているという。

男性は当初、怪しい話だと思ったものの、上場を目指しているほどの企業であること、そして何より太陽光発電の市場が急拡大していたこともあり、「もう一花咲かせてみたい」と誘いを受ける決断をした。

社長に就任してしばらく経った頃、男性は前社長から「上場を視野に入れ、企業規模の拡大を図るべく資本調達をしよう」と持ちかけられる。業績が順調だったこともあり、「チャンスかもしれない」と考えた男性は、自らの人脈を生かして資金を調達。自分自身も、以前勤めていた会社の株を売却したことで得た資産から10億円余りを拠出した。

ところがだ。ある日、会社の財務データを精査していたところ、おかしな数字があることに気づいた。前社長を呼び出して問いただすと、渋々こう答えたという。

「実は簿外に多額の債務を隠している」

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は2021年12月24日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「狙われる富裕層」では以下の記事を配信しています。

税制改正大綱にみる「富裕層の苦難」

贈与・相続税の一体化、大慌て富裕層が続出

富裕層、世代で異なる「お金の使い方」

「富裕層詐欺」巧みにだまされる驚愕実態

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT