村田製作所が攻める「最強の電子部品」以外の金脈

最高益でもあえて挑む「モノ売り」モデルの変革

電子部品国内最大手の村田製作所。新事業に力を注ぐ背景には、「手遅れ」にならないうちに変革しなければならないという危機感がある(編集部撮影)

「2030年には1000億円程度の規模にしたい」

11月に開かれた村田製作所の経営方針説明会。中島規巨社長は、事前の配布資料に記載されていなかった数値目標を口にした。主力の電子部品の話ではなく、ソリューションビジネスを中心とした新事業の売り上げ目標だ。

村田製作所は言わずと知れた電子部品国内最大手の企業。家電やスマートフォンから自動車まで、あらゆる電子機器に搭載される部品を手がける。電圧を調整する積層セラミックコンデンサー(MLCC)は世界首位のシェア約40%を握り、センサーや通信モジュールなど多様な製品群を展開する。

2021年3月期は売上高1兆6301億円、営業利益3132億円とそれぞれ過去最高を更新。直近決算での営業利益率は24.4%に達し、製造業では屈指の高収益企業だ。

そんな同社が、電子部品以外の領域で攻めの姿勢を見せている。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスでは以下の記事を配信しています。

村田製作所が攻める電子部品以外の金脈

村田製作所・岩坪専務インタビュー
「部品の王者」に幹部が抱く危機感

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT