スバル、新型EV「ソルテラ」に募る販売現場の不安

安全の象徴である「アイサイト」が非搭載に

2021年11月上旬に世界初公開したスバルの新型EV「ソルテラ」。前輪駆動車と4輪駆動車の2パターンが用意された(撮影:尾形文繁)

「本当に需要はあるのか」「『あんな車はスバルじゃない』と言うお客様もいた」――。

首都圏のSUBARU(スバル)販売店の店長が口々に厳しい評価を述べるのは、2022年に発売を予定する新型車「ソルテラ」のことだ。

11月上旬、スバルは初の量産EV(電気自動車)であるソルテラを世界初公開した。ソルテラは5人乗りのSUV(スポーツ用多目的車)タイプの車で、2022年半ばまでに日本をはじめ北米、ヨーロッパ、中国などに投入する。

今回のソルテラは資本提携先であるトヨタ自動車との共同開発車。同社が10月下旬に発表したEV「bZ4X」と基本スペックは同じで、ソルテラも日本国内のトヨタの工場で生産される。前輪駆動車と4輪駆動車の2タイプを用意し、航続距離はそれぞれ約530kmと約460km。なお、今回の発表時に価格は公表されなかった。

ようやくお披露目されたスバル初のEVだが、販売現場からは厳しい声があがっている。とくに落胆の声が大きかったのが、スバル独自の先進安全支援システム「アイサイト」が搭載されなかったことだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「スバルの正念場」では以下の記事を配信しています。

スバリスト、トヨタ購入者との決定的な違い

スバルの技術トップが語る「スバルらしさ」

スバルのEVが背負う重大使命

スバル、初のEVをめぐる販売現場の不安

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT