愛知県の「地銀再編」で変わる東海エリアの序列

預金、貸出、店舗数の3つデータから地銀を比較

「経営体力がある今だからこそ、抜本的改革を行う」として、地方銀行の中では異例の希望退職募集を2021年6月に発表していた中京銀行。それから半年を経て県内2位の愛知銀行との経営統合を発表した。

中京銀行の2021年3月期の預金残高は約1.9兆円と東海3県の地銀の中でも下位。愛知県内でもトップの名古屋銀行の半分以下の規模だ。

しかし、愛知銀行と中京銀行の経営統合が実現するとその序列は大きく変わる。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

デジタル特集では「2021年版 地方銀行ランキング」を配信しています。こちらも無料の東洋経済ID登録でご覧いただけます。

健全性、収益性、成長性で採点
「総合」ランキング

100社のうち30社が赤字
「本業利益」ランキング

地方銀行の効率性が一目瞭然
「経費率」ランキング

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT