愛知銀、中京銀のタッグで狙う「県内最強」の試練

名古屋銀行を抜いて愛知県内のトップ地銀に

名古屋市内のホテルで会見を開いた愛知銀行の伊藤頭取(左)と中京銀行の小林頭取(右)(記者撮影)

次なる地銀再編の焦点とされてきた愛知県でついに号砲が鳴った。

12月10日、愛知銀行と中京銀行が2022年10月に経営統合することで基本合意したと発表。両行は2024年をメドに合併する方針だ。

愛知県は3つの地銀があり、中京銀行は3番手。2021年6月に地銀としては異例の希望退職募集を発表し、店舗削減も積極化するなど、「経営体力のある今だからこそ抜本的改革を行う」としてきた。

構造改革に着手した後に繰り出した新たな一手が、県内2位の愛知銀行との経営統合だった。

中京銀行の全株売却は「悲願」

中京銀行の筆頭株主で約4割を保有する三菱UFJ銀行の株式は、経営統合までに中京銀行が全株式を取得する。メガバンクは国際規制対応でリスク資産を圧縮しており、保有する地銀株も売却の対象だった。

三菱UFJは過去に愛知銀行や百五銀行の株式を売却している。今回の売却について三菱UFJ関係者は「全株売却は悲願だった」と打ち明ける。まさに願ったりかなったりの統合といえるだろう。

では、愛知県内2位の愛知銀行と3位の中京銀行が統合に動いた狙いは何か。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

デジタル特集では「2021年版 地方銀行ランキング」を配信しています。こちらも無料の東洋経済ID登録でご覧いただけます。

愛知銀、中京銀の経営統合で変わる
「東海エリア」地方銀行の序列

健全性、収益性、成長性で採点
「総合」ランキング

100社のうち30社が赤字
「本業利益」ランキング

地方銀行の効率性が一目瞭然
「経費率」ランキング

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT