「鬼滅と東リベ」全く異なるアニメと主題歌の関係

特性から見える楽曲マーケティングの新機軸

「鬼滅の刃」の主題歌、LiSAの「紅蓮華」もテレビによる押し上げ効果があった(写真:共同通信イメージズ)

テレビと音楽の深い関係を解き明かせるか。

複合ヒットチャートを発表するビルボード・ジャパン(運営:阪神コンテンツリンク)や視聴率の調査を行うビデオリサーチなどは10月、新サービス「CHART insight Plus」を始めた。どの番組の露出がチャートに貢献したかがわかるサービスだ。

CHART insight Plusでは、チャートインしている楽曲がどの時期にどの番組に露出し、番組平均視聴率がどうだったかを時系列で確認できる。F1(20~34歳の女性)やM1(20~34歳の男性)など、世代別の視聴率との関係も分析できる。また、ダウンロードやストリーミング、CDセールス、SNSなど、ビルボードの各指標が、どの番組をきっかけに動いたかを分析できる。

レコード会社やアーティストはチャート上昇に貢献しているテレビ番組を探し、どんな番組に露出してプロモーションするか計画を立てられる。テレビ局側も番組がどれだけ音楽ヒットに影響力を持つか測定でき、作品、音楽とも長く話題になり続けるタイアップを組むことが可能になるわけだ。

特性が際立つ大人気アニメの主題歌

人気作品の主題歌などタイアップを獲得し、アーティストは情報・バラエティ番組などに出演。発売日までに大きな話題を作り出す――。これまで音楽業界は新曲のリリースに際して、テレビを活用した積極的なプロモーションを行ってきた。

しかし、その実態はレコード会社やアーティスト事務所、広告会社の経験則によるもの。「あるアーティストがテレビにこのように露出して話題を呼び、ヒットにつながった」という事例はあっても、成功の要因を裏付けるデータは少なかったのだ。

昨今はストリーミングをはじめ、YouTube、SNSなどネットを介して音楽やアーティストに出会うことが当たり前の時代。ヒットの経路はCD時代よりも複雑化し、楽曲プロモーションも一段と高い精度が求められるようになっている。実際、CHART insight Plusであらゆる指標のデータと視聴率を結びつけると、ヒット曲とテレビの関係が浮かび上がってくる。

ここではアニメ主題歌を例に分析していきたい。「呪術廻戦」の主題歌であるEveの「廻廻奇譚」(2020年10月にアニメ放送と同時に配信リリース)と「鬼滅の刃」の主題歌であるLiSAの「紅蓮華」(2019年4月配信リリース)、「東京リベンジャーズ」の主題歌であるOfficial髭男dismの「Cry Baby」(2021年5月に配信リリース、アニメは4月から放送)だ。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「図解!マーケティング最前線」では以下の記事を配信しています。

アサヒ「生ジョッキ缶」が売れに売れた勝因

「ファミチキ越えの問題児」が爆売れのわけ

モス「女性狙い」で絶好調の裏に王道の戦略

トヨタ「ライズ」がSUVブーム牽引する理由

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT