リユースを「使い捨て社会」から脱却する突破口に

スタバは「借りるカップ」実証実験を開始

スターバックスは「サステナビリティハブ」と称し、環境面で実験的な取り組みをする店舗を、東京・千代田区に開設した(撮影:風間仁一郎)

大手外食チェーンや大手流通業による容器再利用(リユース)の取り組みが、使い捨て社会からの脱却に向けた第一歩として注目を集めている。

スターバックス コーヒー ジャパンは11月22日、東京・丸の内地区の10店舗で、「借りるカップ」と称した実証実験を開始した。コーヒーなどの飲料を、店で借りた持ち帰り用のステンレス製容器に入れてもらい、飲み終えたら容器は借りた店舗または近隣の店舗に3日以内に返却する。

容器の洗浄は専門の業者が行うため、利用者にとって手間はかからない。例えば、出勤前に借りるカップでコーヒーを買って職場で飲み、帰りがけに別の店舗に返すといったやり方が可能になった。

5月25日にはイオンが都内の全店と千葉、神奈川県内の一部店舗など19店舗およびネットスーパーで、ガムやシャンプー、キッチン用洗剤などの容器を再利用する商品販売の実証実験をスタートさせている(現在は30店舗)。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスでは、6人の解説部コラムニストが気になるニュースの真相を解説する「ニュースの核心」を連載しています。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT