道路陥没事故の外環道、広がる「地盤被害」の惨状

情報公開めぐり調布市による個人情報漏えいも

東京外環道工事による陥没事故現場(外環ネット提供)

2020年10月に東京・調布市の住宅地で陥没事故を起こした東京外かく環状道路(外環道)工事について、シールドトンネル工事の直上部(真上)の周辺エリアでも、広範囲にわたって地盤にゆるみが生じている可能性が高いことが、専門家の調査によって判明した。

周辺エリアを対象に「ミニラムサウンディング」(小型動的貫入試験)と呼ばれる簡易的なボーリング調査を実施した芝浦工業大学の稲積真哉教授(地盤工学)は、「地盤のゆるみはトンネルの真上の部分に限られているという、東日本高速道路(NEXCO東日本)の主張には誤りがあることが数値によって明らかになった。地面に映像装置を入れて調べてみたところ、無数の空隙も見つかった」と指摘。

そのうえで、「周辺エリアについても、被害の程度に応じて地盤の補修が必要。それをせずに放置した場合、度重なる大雨や地震などをきっかけにして、宅地の陥没、門扉の倒壊などの被害が起こりうる」と警鐘を鳴らしている。

「家中が傷だらけになっている」

「自宅のあっちもこっちもひび割れだらけ。しかも、ひび割れはどんどん広がっている。この先、何が起きるのか。考えるだけでも恐ろしい」

陥没事故現場近くに住む河村晴子さんはため息をつく。

シールドトンネルの直上部から小さな川をはさんで10メートル弱離れた周辺エリアにある河村さんの自宅では、玄関先などに敷き詰められたコンクリートや家の基礎部分など、あちこちにひび割れが生じている。河村さんによれば、「たくさんのひび割れが現れたのは、2020年9月にシールドマシンが近隣の地下で掘削工事を始めた後のこと。それ以来、ひび割れは広がる一方で、家中が傷だらけになっている」という。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「日本のインフラ大問題」では以下の記事を配信しています。

調布の道路陥没で露呈、大深度地下法の根本問題

リニア工事に適用される大深度法の虚構と現実

外環道陥没で問題化、大深度法でも安全ではない

地盤工学の専門家が警鐘「リニア工事は慎重に」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT