高島屋、「百貨店存亡の危機」から脱する絶対条件

村田社長「取引先と一緒に再生することが第一」

旗艦店の「日本橋高島屋S.C.」。コロナ禍で客数は大幅に減少したが徐々に持ち直している(撮影:尾形文繁)
コロナ禍によって来店客数が激減し、かつてない逆風にさらされる百貨店業界。ただ、緊急事態宣言が9月末で解除され、売り上げに回復の兆しも見え始めている。
2022年に本格的な回復は期待できるのか。高島屋の村田善郎社長に展望を聞いた。

――2022年秋以降の消費回復に手応えはありますか。

10月は一進一退のような状況だったが、11月以降はかなり気温が下がり、冬物のコートなどがいい動きになってきている。中間層のお客様にも、人と会う機会に着ていくような衣料が売れ始めている。

デジタル特集「トップが語る大予測2022年」では各界を代表する経営者のインタビューを配信しています。

富裕層の消費についても、スーパーブランドなどの高額品の売り上げが好調だ。従来はバッグや小物が中心だったが、リビング関連や宝飾品などにシフトし、客単価も非常に上がっている。先日、当社の創業190周年を記念した(上位顧客向けの)催事を東京と京都のホテルでそれぞれ開催したが、過去の記録を塗り替える売り上げだった。

――足元の感染状況は収束傾向ですが、2022年の百貨店業界の見通しはどうですか。

>>インタビューの続きはこちら

全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT