現代アート大沸騰、群がる「新しい富裕層」の思惑

値上がり益を狙った投資だけが目的じゃない

10月に羽田空港内で開催された現代アートのオークション。予想価格を大きく上回る落札が相次いだ(記者撮影)

「2億5000万円、2億5000万円。落札いたします。374番の方、おめでとうございます」。2021年10月、羽田空港(東京都)内で開催された現代アートのオークション会場に、競売人の威勢のいい声が響いた。

落札されたのは草間彌生のアクリル画。1億7000万円からのスタートだったが、会場だけでなく電話やインターネットからの参加者が競り合い、あっという間にこの日の最高価格で落札された。

ほかにもオークション主催者が設定した落札予想価格の数倍以上で落札される作品が相次いだ。この日だけで出品197作品の9割が落札され、落札総額は、実に26億4800万円に上った。

急速に存在感を増すIT系起業家

「経済状況が悪化すると真っ先に売れなくなるのはアートというのが相場だったが、今回は違う。空前の盛り上がりだ」。SBIホールディングス傘下、SBIアートオークションの加賀美令マネージャーはそう話す。2021年10月末に開催したオークションでは、同社としては過去最高の落札総額を記録した。

オークションの参加者でとくに目立つのが、アート初心者とみられる層だ。毎回の参加者のうち、およそ4~5割が新規登録者で、30~40代の男性が大半を占めるという。職業では、会社経営者や医師などのほか、高年収の会社員らも多く参加している。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
東洋経済プラスの特集「富裕層消費をつかめ!」では、これ以外にも以下のような記事を順次配信します。

百貨店の最終兵器「外商ビジネス」の難題

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT