名門女性誌、「デジタルで再起」シナリオの可能性

「JJ」が月刊の発行を終了、「ミセス」は休刊に

女性誌の苦境が深まっており、廃刊や発刊ペースの変更が相次いでいる(記者撮影)

女性誌の苦境が深まっている――。

出版指標年報によると、月刊女性誌の推定発行部数は2020年に9997万冊に落ち込み、3年連続で2桁減となった。直近では『ミセス』(文化出版局)や『andGIRL』(廃刊当時はエムオン・エンタテインメント)などが休刊に追い込まれたほか、『HERS』(光文社)のように月刊誌から季刊誌へ発行ペースを落とした有力誌も少なくない。

中でもインパクトがあったのが、『JJ』(光文社)の月刊発行終了だ。同誌は2021年2月号をもって不定期刊行にシフトし、ウェブやSNS、動画サイトなどデジタルサービス・コンテンツに軸足を移している。

生まれ変わる「女子大生のバイブル」

JJは1975年の創刊以来、20代をターゲットに「女子大生のバイブル」と称されるように月刊発行を続けてきた。部数は毎号数十万部を記録し、光文社にとってもドル箱事業だったという。

定期刊行としての「JJ」最終号。デジタルシフトで再起を図る(記者撮影)

JJ・CLASSY.事業部の原さやか事業部長は「大学のクラスでの回読も含めた媒体の接触率は、100%近い時代もあったはず」と振り返る。

しかし、スマホの普及やリーマンショックなどの影響が折り重なり、2010年ごろから広告主の雑誌離れが加速。2019年上半期(1~6月)の販売部数は5万部を割った。撮影スタジオやロケバス、ヘアメイク、カメラマンの手配など、ファッション誌は1号当たり数千万円の制作費がかかるため、次第にビジネスモデルが成り立たなくなっていく。

不定期化の議論が加速したのは2020年に入ってからだ。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「激動の出版」では以下の記事を配信しています。

約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情

「稼ぐ集英社」と「消える書店」、出版の残酷な明暗

「本の物流王」じり貧の出版で生き残る秘策の全容

本屋が儲からない!出版業界を襲う深刻ジレンマ

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT