大成建設が再生エネや改修工事に注力するわけ

室蘭市と連携して浮体式の洋上風力発電を開発

大成建設の相川善郎社長は「建設需要の見通しは決して暗くはない」と語る(撮影:梅谷秀司)
新築の大型工事が一巡したことで、受注競争が激しさを増す建設業界。2022年の建設投資見通しや注目の大型案件の行方について、スーパーゼネコンの一角である大成建設の相川善郎社長に聞いた。

見通しは決して暗くない

――建設需要の見通しは?

2022年の建設需要は2021年とそれほど変わらないと見ている。2022年の建設市場は公共投資関係の土木需要が引き続き堅調だろう。民間建築需要は首都圏を中心とした大規模な再開発案件がかなり出てくる。

全国的に見ると、電子部品や半導体、製薬、ファインケミカル分野などの工場案件が増加傾向にある。あと、物流施設やデータセンターの需要も底堅い。

建設需要の見通しは決して暗くはない。天気にたとえると、雲間から日が射してくるようなイメージではないだろうか。

だが、受注環境が非常に厳しい。この12~13年の中で一番厳しいんじゃないかな。ディスカウント率が大きい(採算性が極めて低い)案件も出てきている。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「トップが語る大予測2022年」では以下の記事を配信しています。

大成建設が再生エネや改修工事に注力するわけ

「ウッドショック」が問い直す日本の木材安全保障

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT