ついに増産!「半導体の黒子」のしたたか投資戦略

過去の失敗を生かし事前交渉で値上げ実現

佐賀県伊万里市にあるSUMCOの主力工場。2023年竣工を目指し建屋を増築する(写真:SUMCO)

世界的な需給逼迫が続く半導体。その”黒子企業”が、ついに大規模な生産能力の増強に打って出た。

半導体シリコンウェハー大手のSUMCOは9月末、製造拠点の新設を伴う増産に踏み切ると発表した。

佐賀県伊万里市の主力工場と長崎県大村市の工場に約2287億円を投じて新たな建屋を建て、最先端のウェハーを増産する。2023年後半に竣工し、2024年から2025年にかけて量産体制が整う予定だ。台湾の子会社でも282億台湾ドル(約1150億円)を投じて工場を新設し、旧世代のウェハーを増産する。

投資の回収にメド

これに伴い、同社は公募増資で資金を調達。6000万株の新株を発行し、調達金額は約1200億円、希薄化率は20.6%に及んだ。

増資をすると、株式数が増えることにより1株当たりの利益や株主資本が希薄化し、株価の値下がりを招くことが多い。SUMCOも増資発表翌日の10月1日の株価は前日比100円(4.5%)安の2151円まで下落し、その後もしばらく低迷が続いた。

ところが、発表の2週間後には増資発表前の株価を回復した。11月4日の決算説明会で橋本眞幸会長兼CEO(最高経営責任者)が「設備投資の回収メドはついている」と話したこともあり、翌5日は前日比6.9%高の2418円まで上昇。

足元でも2500円前後で推移し、増資で20%希薄化したにもかかわらず、株価は10%超上がるという展開になっている。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ファイナンス最前線」では以下の記事を配信しています。

ついに増産!SUMCOのしたたか投資戦略

ルネサス「巨額買収」で膨らむ財務リスク

武田薬品が「株価低迷」を見過ごせない事情

パチンコ系からの増資選んだひらまつの胸中

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT