三井物産は原油やLNGを「座礁資産」にはしない

堀社長が語るこれからのエネルギー投資の進め方

堀社長は「稼ぐ力の底上げが進んだ」と手応えを語った(撮影:尾形文繁)
大手総合商社の中でも資源事業で稼ぐ割合が高い三井物産。コロナ禍を抜け、足もとでは資源価格の高騰という追い風が吹いている。
2021年3月期の純利益は7200億円と過去最高を更新する見通しだ。今後の展開について堀健一社長に話を聞いた。

──2021年度は絶好調です。

新型コロナウイルスで落ち込んだ世界経済が回復する中、繰り越されてきた需要などをグローバルに拾えた。ほぼすべての事業がこの回復局面を捉えられていると思う。

例えば、北米の自動車関連や、化学品、食料のトレーディング、ヘルスケアとまんべんなく伸びている。コロナ禍の中で各現場の担当者が事業の損益分岐点を下げる努力を相当しており、会社全体の稼ぐ力の底上げが進んだ。

本来の姿に戻りつつある

──今期の最終利益見通し7200億円のうち、5000億円を金属資源やエネルギーが稼ぐ計画です。業績は資源次第ですか。

まだ半分終えたばかりなので、まずは現在の事業計画をしっかり達成していきたい。鉄鉱石や原油などといった商品市況は当社が制御できるものではない。各部門が競争力をつけていくということに尽きる。

デジタル特集「トップが語る大予測2022年」では各界を代表する経営者のインタビューを配信しています。

現在、ヘルスケアが当社の成長ドライバーとなっているが、2020年までは展開する病院がどうコロナに対応するのかが重要だった。今は平常化しつつあり、(外国で医療を受ける)医療ツーリズムを収益柱とする本来の姿に戻りつつある。

──一方、足元では鉄鉱石価格が下落しています。

>>インタビューの続きはこちら

全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT