マイクロソフト、CO2排出「マイナス化」計画の全貌

CO2を地中に埋めるベンチャーにも投資

マイクロソフトは2020年1月に「カーボンネガティブ」計画を発表。当時の記者会見には本社CEOのサティア・ナデラ氏(右)らが登壇した(写真:Microsoft)
企業にとって自発的、付随的な活動にすぎなかったものが、いまや「生命線」といえる要素に――。「脱炭素」などのSDGs関連施策を軽視すると、事業が立ちゆかなくなる業界が増えている。逆に、これを好機ととらえ、躍進しようとする企業も続々登場。ビジネスとSDGsの最前線を追う。今さら聞けないSDGsの基礎はこちら

 

二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の概念は、今や広く知られるようになった。だが、「カーボンネガティブ」という言葉を聞いたことはあるだろうか。

アメリカのIT大手マイクロソフトは2020年1月、2030年までにカーボンネガティブを達成するという計画を発表した。カーボンニュートラルがCO2の排出量を実質ゼロにすることを意味するが、カーボンネガティブはそれを実質“マイナス”にすることを示す。

CO2を“捕獲“する技術に投資

CO2排出量をマイナスにするとはどういうことか。マイクロソフトはまず、今後10年間で自社の直接的な排出と、サプライチェーンに関連する排出の量を現状の半分以下に削減する。

そのうえでCO2を除去するための森林保護などと引き換えに発行される「炭素クレジット」を活用するほか、大気中のCO2を“捕獲“する技術に投資し、排出量以上のCO2を取り除く考えだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
東洋経済プラスの特集「お金が集まる・逃げるSDGs」では、これ以外にも以下のような記事を順次配信します。

NTT3000億円「グリーン債」に投資家殺到
コスト100倍「木のストロー」導入ホテルの魂胆

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT