日本製鉄が真っ向から否定する「儲けすぎ批判」

2期連続の赤字から2021年度は最高益の見通し

長らく低迷してきた鉄鋼産業が急復活している。
日本製鉄は2019年度、2020年度と2期連続で赤字に沈んだが、2021年度は5200億円の過去最高益を見込んでいる。だが、財務を統括する森高弘副社長は「世界の鉄鋼メーカーはもっと儲かっているところがいくらでもある」と満足する様子はない。
業績に加えて強い交渉力も復活した。今夏には国内大口顧客との取引で供給制限を辞さない姿勢を示し、トヨタ自動車との交渉で上期に約2割の値上げを勝ち取った。また、10月には電磁鋼板の特許を侵害したとして、中国の大手鉄鋼メーカー、宝山鋼鉄とトヨタを訴えて世間を驚かせた。
業績のV字回復やこれまでにない強気の交渉姿勢にはどんな背景があるのか。森高弘副社長に聞いた。

――2019年度は4000億円を越える赤字でしたが、今期の業績は絶好調です。V字回復の要因は何でしょうか。

2020年に大幅なコスト削減を行ったことが大きい。また、長らく取り組んできた(国内大口顧客との相対価格である)ひも付きの価格是正が進展をみた。

生産能力を絞り込んだことよる注文選択(付加価値の高い製品を作る)の効果もあった。選択と集中を徹底して、海外事業が収益力を向上できている。外部要因だけでなく、自助努力も大きい。

赤字続きで強烈な危機感

日鉄は瀬戸内製作所呉地区(広島県)の高炉を2021年9月29日に休止した。呉の製鉄所自体は2023年9月末までに閉鎖する(記者撮影)

――近年、国内の生産能力の削減を進めてきました。この9月末には鉄鋼メーカーの象徴である高炉を3基休止しました。なぜこのタイミングだったのでしょうか。

2年連続で大幅な赤字の計上したことが大きい。

今も、中期的に日本でどんどん受注が増えるとも見ていないが、当時(国内生産設備の構造対策を発表した2020年2月)は、あのままでは立ちゆかなくなるという危機感が社内にあった。

――長年の課題だったひも付き価格の是正が大きく進みました。生産能力の削減によって過去にない強い態度で交渉できたのでしょうか。

>>インタビューの続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

東洋経済プラスのデジタル特集「鉄鋼『急回復』の深層」では以下の記事も配信しています。

日本製鉄は巨人トヨタでも譲らない

日本製鉄、笑顔なき最高益の先に茨道

鉄鋼生産「中国勢」の圧倒的な存在感

鉄鋼メーカーに待ち受ける2つの難題

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT