コスト100倍!「木のストロー」導入ホテルの魂胆

高級ホテルがSDGsを無視できなくなった理由

「ザ・キャピトルホテル 東急」に登場した木材ストロー。導入することだけが目標ではなかった(写真:ザ・キャピトルホテル 東急)
企業にとって自発的、付随的な活動にすぎなかったものが、いまや「生命線」といえる要素に――。「脱炭素」などのSDGs関連施策を軽視すると、事業が立ちゆかなくなる業界が増えている。逆に、これを好機ととらえ躍進しようとする企業も続々登場。ビジネスとSDGsの最前線を追う。今さら聞けないSDGsの基礎はこちら

 

「いったいいくらかかると思っているのか、問題があったらどうするのかと、当初はほぼ全員から反対された」。苦笑まじりにそう語るのは、東京・永田町にある「ザ・キャピトルホテル 東急」の末吉孝弘総支配人だ。

251の客室を持つ同ホテルは、政治家をはじめ、経営者などのVIPを顧客に抱えるラグジュアリーホテル。内閣総理大臣の1日の動きを伝える「首相動静」にも頻繁に登場する。コロナ前は宿泊客の7割強を外国人客が占めていた。

そんな高級ホテルに2019年、小さな変化が起こった。館内のレストランなどで使っていたプラスチック製のストローが、厚さ0.15ミリにスライスした木材を手作業で巻いた「木材ストロー」に置き換わったのだ。

原材料は国内のスギの間伐材。日本国内では豪雨による土砂災害が頻発しているが、その要因の一つと指摘されているのが、多数の森林が間伐などの管理を行われず放置されていることだ。キャピトルホテルではこのストローで間伐材を有効活用し、減災や林業関連の雇用創出を目指している。

国内高級ホテルの多くがSDGsに関連する取り組みに奮闘中。その背景には、欧米を中心に顧客の志向が激変」している事情がある。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
東洋経済プラスの特集「お金が集まる・逃げるSDGs」では、これ以外にも以下のような記事を順次配信します。

NTT3000億円「グリーン債」に投資家殺到

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT