ANAが黒字目標の「未達」を悔やまない意外な理由

国内線は急回復、ローンで手元資金は潤沢に

ANAホールディングスの片野坂真哉社長は「(コロナ前に)過去の危機対応の実例を学んでいたことが大きい」と話す(撮影:尾形文繁)
国内最大の航空グループ企業であるANAホールディングス。2022年3月期の業績見通しについて、1000億円の最終赤字になると10月末に下方修正した。
一方、足元ではコロナ感染者数が落ち着き、緊急事態宣言なども解除されたことで、国内の旅客需要は急回復している。
黒字回復の手応えはあるのか。また、コロナ後の成長戦略をどのように描くのか。ANAホールディングスの片野坂真哉社長を直撃した(インタビューは11月22日に実施)。

1000億円の赤字に抑えられた

――2015年に社長に就任して以来、コロナ禍に見舞われるまではANAホールディングスの業況は順風満帆でした。

社長就任からずっと増収・増益・増配だった。(経営者には)巡り合わせというものがあり、前任の伊東(信一郎)会長は最初にリーマンショック、(伊東氏の2つ前の社長を務めた)大橋(洋治)さんはセプテンバーイレブン(2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件)、(1997年から2001年まで社長を務めた)野村(吉三郎)元社長もアジア通貨危機に直面した。

2021年3月期も5100億円の赤字予想を立てて、結果として約4000億円(の赤字)で済んだ。今期は4分の1の1000億円(の赤字予想)に抑えた。やはり(社員は)頑張ったと思う。

――2022年3月期は期初に黒字化を見込んでいましたが、一転して1000億円の最終赤字予想に修正しました。旅客需要の見立てが楽観的すぎたのではないですか。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「航空異変」では以下の記事を配信しています。

JAL「公募増資」1680億円の胸算用

黒字宣言のANA、予想を控えたJAL

「空の賑わい」戻らぬ夏、2強と中堅の格差浮き彫り

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT