ビザスク「小が大を飲む買収」に踏み切った舞台裏

瓜生COO「成長や時間を買わせてもらえた」

ビザスクの瓜生COOは「上場したことで知名度や安心感の向上は加速した」と強調する(撮影:今井康一)
2020年3月に上場したビザスクは、ネットや文献調査ではわからない専門領域の情報や消費者の声などに知見を持つアドバイザーと顧客を繋ぐ、1時間程度のスポットコンサルを仲介する。
顧客は専門家から話を聞くことで、従来よりも効率よく情報収集を行える。銀行やコンサルティング会社、電機メーカーなど幅広い会社が業種を問わず利用しているという。
現在、企業の現職者やOB・OGが登録するアドバイザーは16万人超(ビザスク単体)に達する。日本のスポットコンサル事業では、ユーザベースなど上場企業も参入しているが、圧倒的な存在感を示している。
2021年8月、そんなビザスクが次なる成長の一手として発表したのが大型買収だ。アメリカで同業を営む「コールマン」を買収。ビザスクの営業収益が約19億円の一方、コールマンは約40億円と2倍の差があり、「小が大を飲む買収」と注目された。
現状の営業収益の5倍以上に当たる約112億円を費やす巨額買収の意図は何か。コールマン買収を先導した同社COOの瓜生英敏氏に直撃した。

上場は成長を加速させる施策

――2020年3月上場時の時価総額は初値ベースで107億円、足元では565億円となっています(11月12日終値ベース)。上場後も持続的に成長するために、どういった戦略を考えていたのでしょうか。

私たちのビジネスモデルでは、知名度や安心感が重要だ。その観点で、上場は成長を加速させていくための1つの施策と位置づけていた。

2012年の創業来、私たちのバリューの1個目は”初めから世界を見よう”というものだ。いつかはグローバル進出すると思っていた。そのため、上場は国内ビジネス向けの施策であったと同時に、今後グローバル展開をするうえでの資金的な意味も持っていた。

(上場直前の20年2月期は営業収益9.8億円で)おそらく企業規模としては少し上場を急いだほうだろう。未上場でも成長がまったくできなかったわけではないが、上場したことで知名度や安心感の向上は加速したと思っている。

――いつごろからM&Aやコールマン買収を念頭に置いたのですか。

>>記事の続きはこちら

この記事は11月26日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「発掘! 未来の成長企業」では以下の記事を配信しています。

「企業価値を高めた経営者」ランキング

どこが伸びる?「急成長企業」ランキング

「成長企業」見抜くための絶対的視点

ヒノキヤG、10年余りで時価総額30倍の訳

ビザスク「小が大を飲む買収」の勝算

「工具界のアマゾン」12期連続増益の裏側

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT