EV電池の原料「リチウム」暴騰はいつまで続くのか

豊田通商は「2度目」の生産能力増強も視野に

豊田通商がオーストラリアの資源企業オロコブレと共同開発するアルゼンチンのオラロス塩湖。人工池で乾燥させて炭酸リチウムを生産する(写真:OROCOBRE)
今年の夏以降、車載用のリチウムイオン電池に欠かせない原料の1つ、リチウムの価格が急騰している。その影響で、価格の低減が進んでいた電池の販売価格を引き上げる電池メーカーも出てきた。
リチウム市場で、いったい何が起こっているのか。
日本企業で唯一リチウムの権益を持つ豊田通商にて、長年リチウムの資源開発に携ってきた“Mr.リチウム”こと、片山昌治・金属本部COOに聞いた。

「パニック買い」の側面も

――足元でリチウムの価格が急騰しています。何が起きているのですか。

EV(電気自動車)シフトの加速を受けて、炭酸リチウムの価格は足元で1トンあたり2万5000~3万ドル弱くらいまで上昇しています。

価格が高騰している理由は複数がありますが、全体的に「パニック買い」の側面がある。とくに、(国内市場向けの需要拡大を見越して)中国企業がスポット的にリチウムを買っている。

>>インタビューの続きはこちら

全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

デジタル特集「電池 世界争奪戦」では以下の記事を配信しています。

夢の「全固体電池」はどこまでスゴいのか

電池部材「中国が席捲」でも日本は動じない

トヨタも参戦!超ド級「電池投資」の最前線

電池の父が直言!「電池戦争」勝負の分かれ目

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT