「まだ早い」大谷翔平選手が国民栄誉賞を辞退

授与を打診した結果を松野官房長官が明かす

アメリカ・メジャーリーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が国民栄誉賞を辞退しました。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

松野官房長官は22日午前、会見で、大谷翔平選手に国民栄誉賞の授与を打診したものの、「まだ早いので辞退させていただきたい」との返事があったことを明らかにしました。

松野長官は「さらなる高みに向けて精進に集中するという強いお気持ちと受け止め、国民とともに大谷選手の来シーズン以降の一層のご活躍をお祈りをいたします」と述べました。

日テレニュース24の関連記事
大谷の通訳・水原一平氏「最優秀通訳賞」
逮捕の男「油まく練習していた」京王線刺傷
彭帥さん バッハ会長の夕食の誘い受け入れ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT