楽天モバイル「売るほど赤字拡大」の出口への光明

「単月黒字」に向けようやくメドが立ったものの

楽天のモバイル事業の赤字脱却に向けた道筋には不透明感も強い(撮影:尾形文繁)

「赤字拡大」の長いトンネルに、ようやく終わりが見えそうだ。

楽天グループが11月11日に開いた2021年1~9月期決算説明会で、楽天モバイルの山田善久社長は「2022年4~6月期以降、(モバイル事業の)収益の改善を見込んでいる」と表明。営業赤字の拡大に歯止めがかかり、2023年中にも単月での黒字化が可能だとの認識を示した。

償却費とローミング費のダブルパンチ

楽天が11日に発表した2021年7~9月のモバイル事業の売上高は549億円。それに対し、営業損失は1052億円と、その2倍近くにも膨らんだ。四半期赤字で1000億円を超えるのも初めてである。

同社によると、四半期ごとにみた営業損失は2022年1~3月期までさらに拡大する見通しだ。ただ、翌4~6月期からはこれが縮小へ転じるという。2022年4月に予定する「ローミング」契約の切り替えが、その転換点になるようだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスではこのほかに、以下の記事も配信しています。
 

楽天、銀行上場の巨額調達で挑む勝負

孫社長、赤字でも「巨大ファンド」猛攻

携帯3社「うわべ改善策」くすぶる火種

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT