楽天モバイル「売るほど赤字拡大」の出口への光明

「単月黒字」に向けようやくメドが立ったものの

楽天のモバイル事業の赤字脱却に向けた道筋には不透明感も強い(撮影:尾形文繁)

「赤字拡大」の長いトンネルに、ようやく終わりが見えそうだ。

楽天グループが11月11日に開いた2021年1~9月期決算説明会で、楽天モバイルの山田善久社長は「2022年4~6月期以降、(モバイル事業の)収益の改善を見込んでいる」と表明。営業赤字の拡大に歯止めがかかり、2023年中にも単月での黒字化が可能だとの認識を示した。

償却費とローミング費のダブルパンチ

楽天が11日に発表した2021年7~9月のモバイル事業の売上高は549億円。それに対し、営業損失は1052億円と、その2倍近くにも膨らんだ。四半期赤字で1000億円を超えるのも初めてである。

同社によると、四半期ごとにみた営業損失は2022年1~3月期までさらに拡大する見通しだ。ただ、翌4~6月期からはこれが縮小へ転じるという。2022年4月に予定する「ローミング」契約の切り替えが、その転換点になるようだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスではこのほかに、以下の記事も配信しています。
 

楽天、銀行上場の巨額調達で挑む勝負

孫社長、赤字でも「巨大ファンド」猛攻

携帯3社「うわべ改善策」くすぶる火種

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT