再生医療「セルソース」創業から黒字が続く根拠

裙本社長「他社にない症例実績が差別化になる」

厚生労働省の認可を受けたセルソースの「再生医療センター」では細胞などの加工を行っている(写真:セルソース)
2019年10月の株式上場時から、株価は約10倍(11月16日終値時点)。再生医療関連事業を手がけるセルソースはその成長力が評価され、近年の新興企業の中でとりわけ高い株価パフォーマンスを発揮している。
創業以来黒字を続けるなどベンチャーでは異色の成長を遂げ、2021年10月期の会社計画は営業利益7.59億円(前期比82.9%増)と高水準の伸びが続く。何が成長の原動力となっているのか。裙本理人社長に聞いた。

――ビジネスモデルについて、教えてください。

医療機関が再生医療を実施するためのさまざまなサービスをワンストップで展開している。医療機関が患者から採取した脂肪組織や血液を預かり、治療向けに加工したうえで医療機関へ戻す。それを患者の患部に注入することで、自己組織の修復を促すというものだ。

現在、主たる疾患領域は国内で2500万人以上と推定される変形性膝関節症だ。変形性膝関節症は、膝のクッションの役割を果たす軟骨が、加齢や肥満などのさまざまな原因により磨り減ることで負担がかかり、膝関節に炎症を起こす病気だ。2020年からは不妊治療向け血液由来加工も手がけており、今後領域を拡大していく。

――他社にまねできないものは何ですか。

>>記事の続きはこちら

この記事は11月26日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「発掘! 未来の成長企業」では以下の記事を配信しています。

「企業価値を高めた経営者」ランキング

どこが伸びる?「急成長企業」ランキング

「成長企業」見抜くための絶対的視点

スタートアップ、資金調達の慣行にメス

再生医療「セルソース」創業から黒字の理由

ヒノキヤG、10年余りで時価総額30倍の訳

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT