東大教授が「40歳定年制」を提唱した本当の意味

40歳をキャリアの節目と考え直すほうがいい

柳川氏は、スキルアップには3つの意義があると説く(撮影:今井康一)
2012年に政府の国家戦略会議「フロンティア分科会」報告書で「40歳定年制」を提唱した東京大学大学院経済学研究科教授の柳川範之氏。多くの人が80歳近くまで元気で働ける時代だからこそ、キャリアプランもいったん40歳ぐらいで考え直したほうがいい、との提案だった。柳川氏に40歳定年制を提唱した意図を聞いた。

「40歳定年制」という言葉に対し、「40歳で全員定年にされてしまう」という誤ったイメージが広がってしまった。真意は、40歳で現在の会社や仕事をきっぱり辞めるということでなく、40歳前後をキャリアの節目となる年齢と考え、もう一度、自分の将来について考え直そうということだ。

高度経済成長期には、まじめに仕事をしていれば、誰でも定年までハッピーに働くことができた。学校教育であれ社内教育であれ、20代で身に付けた知識や能力で、社会人生活を全うできた。しかし現状では、定年までハッピーに働ける人は少ない。AI(人工知能)やロボットの急激な進化で就労環境が大きく変化しているうえ、平均寿命の伸長で就労期間が延びているためだ。

スキルアップが必要な3つの理由

サラリーマンだけではなく、技術革新の速い職人の世界も同じ。今のスキルのまま生涯現役として活躍することは難しく、環境変化に対応するスキルアップが不可欠になっている。(80歳近くまで働くと仮定して、60年間の)キャリア人生を20年区切りの三毛作と考え、最初の区切りの40歳前後で、リカレントやリスキリングといった学び直しによるスキルアップを実現したい。

いわばカーレースのように、いったんピットでストップして、スキルの“燃料補給”を行うことが、その後の仕事レースを完走するうえで重要なのである。

スキルアップには、3つの意義がある。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「早期定年退職の是非」では以下の記事を配信しています。

東大教授が「40歳定年制」を提唱した真意

45歳定年制はエリートの論理である根拠

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT