孫正義が見込んだ「製薬ベンチャー」創業者の野心

「最後のフロンティア」を新手法で開拓目指す

スイスの製薬大手・ノバルティス日本法人の社長を4年弱務めた後、自ら起業に踏み切った綱場氏。そのきっかけは?(撮影:尾形文繁)
巨大ファンドが狙いを定めたのはどんな企業なのか――。ソフトバンクグループ傘下で14兆円もの巨額資金を運用する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」が、日本のベンチャー企業に初めて投資した。
投資先はバイオベンチャーのアキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)。2021年1月に設立されたばかりだが、事業の初期段階である「シリーズA」の資金調達で、6社の投資家からいきなり総額68億円を集めた。今回の投資はSVFの2号ファンドが主導し、SVFの投資ディレクターがアキュリスファーマの社外取締役に就いている。
アキュリスは、スイスの製薬大手・ノバルティス日本法人の前社長である綱場一成氏が創業。フランスの製薬会社から、欧米での製造販売が承認されている睡眠障害の治療薬「ピトリサント」の日本での開発販売権を取得した。
今回、東洋経済は綱場社長を直撃。会社設立の背景やアキュリスのビジネスモデル、SVFからの出資の経緯について聞いた。

外資大手に感じた「限界」

──起業の背景は?

昨年10月末に、2017年から務めていたノバルティスファーマの社長を退任して起業した。投資家の皆さんからも「4年弱社長を務めてきて、なぜ今起業するのか」とよく聞かれた。

医薬品の研究開発や販売にはやりがいがあったが、同時に、日本の社会課題に真っ向から取り組みたいという思いもあった。外資企業の日本法人社長だと、海外で決めるグローバル戦略が降りてきて、それに原則従わなければならない。日本の社会課題にがっぷり四つで組みに行くのは難しい。

そんな中、ベンチャーキャピタルのキャタリスパシフィックと出合った。私は医薬品ビジネスの専門家ではあるが、資金調達の面では素人。アキュリスを立ち上げるにあたり、私は組織作りと実際にビジネスをどう動かすかの部分を担い、キャタリスがお金の部分を全面的に担う形で共同創業に至った。

──海外ですでに販売されている睡眠障害薬「ピトリサント」の開発販売権をフランスの医薬品メーカーから取得しました。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
「東洋経済プラス」ではこれ以外にも、「すごいベンチャー」2021年最新版リストや、過去選出後に急成長した企業のリポート、注目投資家のインタビューをご覧いただけます。

スマートニュース「米国躍進」の裏側

敏腕投資家が語る「金の卵」の発掘法

不況の旅行業界で戦う「連続起業家」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT