成長企業を見抜くうえで「絶対に欠かせない視点」

トヨタとファストリ、株主に対する姿勢に差も

FAセンサー大手のキーエンスは、収益向上と同時に人への投資を積極的に行ってきた(撮影:尾形文繁)

企業の成長力は、まず売上高に表れる。売上高の急激な伸びは、市場シェアの拡大や技術革新によって、既存の商品やサービスの置き換えに成功していることを意味するからだ。

売上高は利益の源である。赤字が続いていても、売上高が一定水準を超えれば一気に黒字化するケースは多い。

成長企業を探す際、併せて注目したい点は利益の使い方だ。FAセンサー大手・キーエンスの2021年3月期の売上高と営業利益は10年前の3倍に伸びたが、社員も8400人弱と約2.7倍に増え、平均年収は1751万円となり462万円増えた。

キーエンスの強みは、直販営業による顧客ニーズの吸収にある。社員の平均年齢は33.4歳から35.8歳に上がっているが、人への投資を続けてきたことがわかる。

上場企業には最高益を更新しても、平均年収が500万円前後で変わらない、配当もしない企業がある。投資案件があり一時的に社員や株主へ還元できないならわかるが、それが続くなら、“使い捨て型”の成長と言わざるをえない。

>>記事の続きはこちら

この記事は11月26日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「発掘! 未来の成長企業」では以下の記事を配信しています。

「企業価値を高めた経営者」ランキング

どこが伸びる?「急成長企業」ランキング

「成長企業」見抜くための絶対的視点

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT