孫社長、赤字でも「巨大ファンド」で緩めぬ猛攻

ビジョン・ファンドで「毎年数兆円の投資継続」

ソフトバンクグループの孫正義社長は、11月8日に開いた決算会見で「2号ファンド」での投資拡大に強い意欲を示した(記者撮影)

「嵐のど真ん中です」。11月8日に開いたソフトバンクグループ(SBG)の2021年度中間決算会見。孫正義社長は冷静な様子でそう口にした。

5兆円の純利益をたたき出した2020年度から一転、足元では強い逆風が吹く。直近7~9月期は純損失が3979億円となり、6四半期ぶりに赤字に転落。最大の要因は、傘下の投資部門、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が赤字を計上したことだ。

中国におけるIT企業への規制強化を受け、配車アプリの滴滴出行(ディディ)など同国の上場投資先が軒並み株価を大きく下げた。さらに昨年上場した韓国のEC(ネット通販)大手クーパンの株価低迷もあり、含み損が膨らんだ。

ビジョン・ファンドのこれまでの累計損益は、9月末時点で5兆9343億円。6月末時点の7兆0947億円から一気に1兆円以上が吹き飛んだ。この大半は中国であり、たった3カ月で1兆4768億円から1321億円まで急減。孫社長は、「今まで稼いだ利益をこの3カ月ですべて吐き出した」と表現した。

ただ孫社長には、おいそれと手を引く様子はない。今大きな望みを託し心血を注ぐのが、昨年に開始した2号ファンドである。投資先の数は、1号ファンドを遥かに凌ぐ勢いで急増しているのだ。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスのデジタル特集「いよいよ“日本上陸” ソフトバンク・ビジョン・ファンド」では以下の記事を配信しています。

データ/孫正義社長が目をつけた「巨大ファンド」の全投資先90社

インタビュー/日本投資を孫社長から託されたビジョンファンド幹部を直撃

ソフトバンク「巨大ファンド」がほれた製薬企業の実力

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT