三菱自動車が「赤字脱却」目前で見据える次の焦点

ホンダやスバルが減産で苦しむ中で上方修正

新型MPV「エクスパンダー」はインドネシアなどで発売する主力車種だ(写真:三菱自動車提供)

三菱自動車が11月4日に発表した2022年3月期の中間決算(4~9月期)は、売上高が前年同期比55%増の8905億円、営業利益が251億円だった(前年同期は826億円の赤字)。コア市場として位置づけるASEAN(東南アジア諸国連合)や、豪州、ニュージーランドといったオセアニア地域に加えて、北米での販売台数が回復した。

通期の業績見通しは半導体不足による減産影響で、売上高を2兆100億円と従来予想から700億円引き下げた。だが営業利益は従来予想から200億円増の600億円に上方修正。新型車の投入効果もあり、北米などでさらなる採算改善を見込むほか、円安効果も寄与して2期ぶりの黒字を確保する計画だ。

ホンダやスバルなどが半導体不足や新型コロナウイルスによるサプライチェーンの混乱で減産影響に苦しみ、通期の業績見通しを売上、利益ともに下方修正した一方で、三菱自は中期経営計画で打ち出した構造改革が想定以上に順調に進んでいることを示した形だ。

21年3月期はリコール隠し発覚以来の赤字規模

三菱自は2021年3月期に、最終赤字3100億円を計上した。これは2005年3月期にリコール隠しが発覚し4700億円超の赤字を出して以来の規模となる。

そこで販売台数で2割弱を占める一方で不振が続いていた欧州での新型車開発の見送りや、大型スポーツ用多目的車(SUV)「パジェロ」の岐阜県にある生産工場閉鎖、希望退職の募集などで、2022年3月期の固定費を2020年3月期比で2割削減する計画を進めている。2022年3月期は構造改革効果を通期で前回見通しと比べて31億円(2021年3月期実績と比較すると210億円の改善効果)見込むなど、取り組みの成果が着実に現れつつある。

しかし今回の上方修正は、手放しで喜べるわけではない。>>記事の続きはこちら

デジタル特集「正念場の三菱自動車」では以下の記事を配信しています。記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

三菱自動車、東南アジア「一本足打法」の賭け

加藤隆雄CEO「新たなパートナーを探す必要はない」

データ/三菱自動車が“稼ぐ場所”はどこなのか

赤字脱却目前の「三菱自動車」の次の焦点

 

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT