金融庁、保険販売の指針改定方針にざわつく生保

公的保険の情報提供義務づけに首相補佐官の影

金融庁は生命保険の販売方法をめぐり、指針改定に乗り出している(撮影:尾形文繁)

生命保険の販売(募集)方法をめぐって、金融庁が監督指針の改定に動き出している。

改定の柱となるのは、年金や健康保険をはじめとした公的保険制度について、生命保険各社が顧客への営業時に適切な情報提供をしているのか、重点的に監視することだ。

公的保険制度は本来、国や自治体が周知・説明すべきものだ。民間企業である生保各社に対して制度説明の事実上の努力義務を課すのは一見、お門違いであるかのように映る。

にもかかわらず、金融庁は年内にも指針を改定する方針だ。その理由を探ると、生保業界がいまだ抱える未成熟な一面が見えてくる。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「問われる保険営業」では以下の記事を配信しています。

再燃するハローワーク前の「採用活動」

第一生命に金融庁が立入検査、真意測る生保業界

日本生命の営業職員、「パワハラ提訴」の一部始終

金融庁、問題含み「外貨建て保険」規制強化の内幕

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT