拡大する縦読み漫画「ウェブトゥーン」の破壊力

外資勢の独壇場、乗り遅れた国内の出版社

スマートフォン最適された漫画「ウェブトゥーン」。ピッコマなどでの成功で各社の参入が相次いでいる(提供:ソラジマ)

韓国発のドラマとしてネットフリックスで大きな話題となった『梨泰院クラス』。この作品の配信元になったのは、「ウェブトゥーン」と呼ばれる漫画であることをご存じだろうか。

ウェブトゥーンとはスマートフォンに特化した縦スクロールで読めるフルカラーのデジタルコミックのこと。実は今、このウェブトゥーンが大きな注目を集めている。

IT企業や出版社が熱視線

大手出版社と漫画アプリを運営するAnd factoryは2021年8月、成長戦略の柱としてウェブトゥーンへの参入を発表。ほかにも、出版大手のKADOKAWAやスマホゲーム制作会社のアカツキ、電子書籍取次のメディアドゥなどもウェブトゥーンへ熱視線を向ける。

ウェブトゥーンへの参入に前のめりなのは、先駆者と言えるピッコマやLINEマンガの成功を目の当たりにしたためだ。この2つのアプリは、集英社や講談社など大手出版社もしのぎを削る漫画アプリの中で“圧倒的な2強”だ。両アプリの成長の背景には、スマホに適したウェブトゥーンがあると考えられている。

例えば、ピッコマで最大のヒット作品とされるウェブトゥーン『俺だけレベルアップな件』は、2020年に月間販売金額2億円を突破した。運営元であるカカオピッコマの金在龍社長は「スマトゥーン(ウェブトゥーン)と出版漫画(横読み)の販売金額は半々くらいだ」と明かす。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「漫画アプリ 戦国時代」では以下の記事を配信しています。

「漫画アプリ」覇権争う攻防戦

ピッコマが目指す「紙とWEBの共存」

縦読み漫画「ウェブトゥーン」の威力

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT