「漫画アプリ」急成長市場の覇権をめぐる攻防戦

競争か共存か? しのぎを削る出版社とIT企業

カカオピッコマは、カカオトークを中心に日本に進出したが、LINEとの競争に敗れた。その後、漫画アプリを柱に急成長を遂げた(撮影:尾形文繁)

今年6月、ある企業が香港系投資ファンドを引受先とする第三者割当増資で600億円を調達した。その企業の名はカカオピッコマ。韓国カカオの日本法人で、漫画アプリ「ピッコマ」を柱に急成長しているIT企業である。

2021年1~6月に国内の未上場ベンチャーが調達した最大額は156億円。カカオピッコマはその4倍に当たる資金を調達したことになる。

資金調達完了時の企業価値は8000億円超。これは現在、国内ベンチャーでトップとされるAI(人工知能)開発のプリファードネットワークスの3517億円を優に越す。これほどまでに漫画アプリの成長性が評価されるのはなぜか。

盛り上がる漫画市場

今、漫画市場がアツい――。

出版科学研究所の調査によれば、コミックの販売額は1995年の5864億円をピークに下降の一途をたどってきた。だが、2020年は『鬼滅の刃』の驚異的大ヒットもあり、6126億円まで回復するなど、1978年の統計開始以来最大の規模となった。

単行本やコミック誌が伸び悩む中、市場を牽引するのが電子コミックだ。その中で、ひときわ存在感を増しているのが「漫画アプリ」である。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「漫画アプリ 戦国時代」では以下の記事を配信しています。

縦読み漫画「ウェブトゥーン」の威力

ピッコマが目指す「紙とWEBの共存」

「漫画アプリ」覇権争う攻防戦

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT