落札額は75億円!アート界を揺るがした「NFT」

暗号資産長者のマネーが価格の急騰を演出か

SBIアートオークションが開いたデジタルアートのオークション(記者撮影)

「オンラインのお客さまはいかがでしょう。会場のお客さまはよろしいですか。そろそろハンマーを打ちます。730万円、730万円で620番。それではこちらで落札します」

10月30日土曜日の昼下がり。都内のアートオークション会場にはオークショニア(競売人)の声が鳴り響いていた。

落札されたのは、アーティストで東京藝術大学の准教授も務めるスプツニ子!さんの映像を中心としたアート作品。競売は290万円から始まっただけに、落札時には会場から拍手が起きた。

2021年に入って一躍脚光

スプツニ子!さんの作品を含めて8点の「NFTアート」がこの日の競売にかけられた。オークションは、総合金融業を展開するSBIグループ傘下のSBIアートオークションが開いた。

「非代替性トークン」と訳されるNFT(Non Fungible Token)とは、平たくいうと電子証明書だ。暗号資産にも使われている改ざんが難しいブロックチェーン技術を使って、アート作品の作者の情報などを記載する。その作品が唯一無二の物であることを証明する。

NFTとアート作品をセットにしたNFTアートは、2021年に入り高額の値がついたことで一躍脚光を浴びた。その象徴がビープルというアーティスト名で活動する作家の作品だ。2021年3月、イギリスのオークション大手・クリスティーズに100ドル(約1万円)で出品され、6934万ドル(約75億円)で落札されたのだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

デジタル特集「再燃!暗号資産」では以下の記事を配信しています。

落札額75億円!アート界を揺るがした「NFT」

ビットコイン「史上最高値」の真贋

「ステーブルコイン」の規制は暗号資産のリスクか

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT