異常な高騰の先に待つ「エネルギー危機」の現実味

脱炭素時代に日本も対岸の火事ではいられない

世界各地でガスや石炭の価格高騰が相次いでいる。このままでは日本も影響を免れない(写真:AFP=時事)

パーフェクトストーム――。

エネルギー市場の関係者は、この秋から深刻化している世界的なエネルギー需給逼迫の状況を、多重的な災厄の襲来に例えてこう表現する。

9~10月にかけ、天然ガス価格は史上最高値を連日更新した。ヨーロッパの天然ガスとアジアのLNG(液化天然ガス)のスポット価格は一時、100万BTU(英国熱量単位)当たり30ドル台半ばにまで急騰した。

これは原油に換算すると、1バレル=200ドルを超える水準だ。同期間に1バレル=70~80ドル台で推移していた原油価格(WTI)と比べると、ガス価格の異常な急騰ぶりがわかるだろう。

高まる特定資源への偏在リスク

今回のエネルギー需給逼迫は複合要因によるものだ。

コロナ禍からの経済活動再開で電力需要が急速に増加した一方、再生可能エネルギー導入に大きく舵を切ったヨーロッパ各国では、風況が例年より悪く、風力発電の出力が低下した。そこにロシアからの天然ガスの供給制限や、南米や中国などをはじめとした世界的なLNG需要の増加が重なった。

天然ガスの価格高騰と在庫不足に加えて、発電用の石炭価格も最高値を更新。世界各国で同時多発的に電力卸価格の上昇や停電を引き起こした。

中でもヨーロッパでは、電力卸価格が急上昇。イギリスでは電力・ガスの小売り料金にプライスキャップ(上限価格)が課されているため、調達価格の高騰に耐えきれなくなったエネルギー供給事業者の破綻が9~10月に相次いだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は11月19日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「エネルギー危機が来る」では以下の記事を配信しています。

異常な高騰の先に待つ「危機」の現実味

ガス・電力が異常価格!ヨーロッパ市民襲う危機

寺島実郎が警告「日本は主体的戦略を」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT