物流の革命児が見込んだ「中国製のEV」の全貌

日本にはまだ1台しかない車両を写真で解説

SBSホールディングスではEVトラックを、物流の最終拠点から消費者に直接商品を届けるラストワンマイル向けに使用する予定だ。(写真:記者撮影)

M&Aで拡大を続ける3PL(物流の一括受託)大手のSBSホールディングス。2021年に入って以降も地場の運送会社の買収を立て続けに発表している(SBSHDの鎌田正彦社長のインタビューはこちら)。

この10月には、積載量が1トンの中国製のEVトラック導入を発表し、物流業界を驚かせた。設計・開発は、京都のEVファブレスメーカーのフォロフライが行い、中国の国有自動車大手、東風汽車集団傘下の東風小康汽車が生産する(EV導入の詳しい背景はこちら)。

2022年からSBSHDが導入予定のこのEVはまだ日本に1台しかない。日系自動車メーカーの幹部が「やられたなと思った」と口にしたEVは、いかなるものか。写真でその全貌を解説する。

>>写真と記事の続きはこちら

この記事の全文と写真は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「トラック CASE最前線」では以下の記事を配信しています。

中国製「380万円EVトラック」日本上陸の衝撃

物流の革命児が見込んだ「中国製EV」の全貌

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT