ガス・電力が異常価格!ヨーロッパ市民を襲う危機

急速な脱炭素化も遠因に、現地で広がる困惑

ガス・電力の価格が大きく値上がりし、市民の生活を圧迫しているドイツ。コロナ新規感染者も再拡大し、クリスマスマーケットの開催が危ぶまれている(写真:dpa/時事通信フォト)

ヨーロッパが先導してきた脱炭素の議論に、エネルギー危機が影を落とそうとしている。

ドイツではガス販売会社98社が12月までにガスの小売価格を平均17.3%引き上げる方針を発表した。年間のガス料金を、2倍超に値上げする販売会社も現れ、冬場の市民生活に大きな影響を及ぼそうとしている。

価格が高騰しているのはガスだけではない。

9月の1リットル当たりのガソリン価格は162セントと1年で約27%上昇したほか、電力の卸売価格も2020年5月に1MWh当たり17.6ユーロだったのが、2021年9月に一時128.34ユーロに急騰。8月以降、電力販売会社26社は年間の電力料金を平均9.3%引き上げると発表した。

ガス・電気差し止めの家庭続出も?

ドイツ消費者保護団体連合会のクラウス・ミュラー会長は、「エネルギー価格の高騰は低所得層にとって大きな負担だ。料金滞納により、ガスや電力を止められる家庭が現れるだろう」と警告する。ドイツの電力・ガス会社は、滞納額が100ユーロ(1万3000円)を超えた場合、電力・ガスの供給を止めることができるためだ。

家計支出も増えるクリスマスシーズンを前に市民に降りかかった危機は、いったい何が引き金だったのか。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は11月19日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「エネルギー危機が来る」では以下の記事を配信しています。

異常な高騰の先に待つ「危機」の現実味

ガス・電力が異常価格!ヨーロッパ市民襲う危機

寺島実郎が警告「日本は主体的戦略を」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT