寺島実郎が警告「日本は主体的エネルギー戦略を」

エネルギー危機が迫る「根拠なき熱狂」の脱却

寺島実郎氏は「このままでは日本がいちばんエネルギー危機の余波を受けかねない」と警鐘を鳴らす(撮影:尾形文繁)
天然ガスや石炭などが高騰し、ヨーロッパや中国をはじめ世界各地で混乱が広まっている。エネルギー危機の影響を受けるのは、資源の大半を輸入に依存する日本も当然例外ではない。
新たなエネルギー秩序の下、どう資源を安定供給していくことが必要なのか。「2050年のカーボンニュートラル(二酸化炭素の排出実質ゼロ)」を進める日本のエネルギー戦略について、日本総合研究所会長の寺島実郎氏は「欧米主導のゲームには勝てない」と警告する。

日本人は数字に覚悟を持て

――ガスや石炭などの資源価格が急騰しています。

日本がいま気づかなければいけないのは、エネルギー価格の高騰が相当な危険水域に達してきたということだ。

原油価格は2020年に一時マイナス(先物価格)になったが、足元は1バレル=70~80ドル台になり、そこへ円安が拍車をかけている。2012年と比べると3割円安が進行し、円建てベースの原油入着価格は驚くほど高くなっている。

「日本は輸出志向のものづくり国家だから円安のほうが有利だ」というのは、工業生産力モデルに埋没した固定観念であり、今や輸入産業の背負う重荷のほうが大きくなった。2020年は食料とエネルギーで18兆円も輸入している。その中でエネルギー危機が間近に迫っている状況だ。

――では、日本はエネルギー問題にどう向き合うべきでしょうか?

固定観念の中でのエネルギーの議論から、現実的かつ総合的なエネルギー問題への対応に思考をパラダイム転換しないといけない。そのポイントとなるのが、今回閣議決定された「第6次エネルギー基本計画」(以下、エネ基)だ。

3.11以降の10年間、日本では脱原子力、再生可能エネルギー重視という一定の方向感が語られ続けてきた。さらに、菅義偉前首相が「2050年のカーボンニュートラル」と、「2030年度の温室効果ガスの排出量46%削減(2013年度比)」の方針を打ち出した。

本来は経済産業省が主体となってエネ基を決めるはずなのに、官邸主導の数字が先行し、結論ありきで今回のエネ基がまとめられた。私は「日本人はこの数字が持つ意味に覚悟して向き合わないといけない」と何度も(エネ基見直しを議論する)委員会で発言してきた。

>>インタビューの続きはこちら

この記事の全文は11月19日まで無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「エネルギー危機が来る」では以下の記事を配信しています。

異常な高騰の先に待つ「危機」の現実味

ガス・電力が異常価格!欧州市民襲う危機

寺島実郎が警告「日本は主体的戦略を」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT