「右足を引きずる少女」に医師が疑念を抱いたワケ 漫画「プラタナスの実」(第3集・第19話)

印刷
A
A
ときどき右の足を引きずって歩くという5歳の少女が気にかかり、検査をしたところ――。

命をつなぐ、音がする――、奇跡のような、尊い音が――。

『プラタナスの実(1)』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

少子化、モンスターペアレント、コンビニ受診……。

社会的問題が山積みな一方で、「もしも」の大病が患者の中に潜むことを決して見逃せない日々。

そんな、子供が好きだけでは戦えない“心のコスパ”が悪い医療現場で、やさしい笑顔で働く小児科医・鈴懸真心(すずかけまこ)。

これは、“ゆりかごから大人になるまで”の子供たちと、その家族に寄り添う小児科医の物語。『プラタナスの実』(小学館)より、一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(24ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT