急回復の鉄鋼決算、極まる「日鉄vsトヨタ」の構図

コロナ禍の需要低迷、2期連続の赤字から一転

高効率なモーターに使われる電磁鋼板。脱炭素で増える需要に対応するため、1230億円の投資を実施中(写真:日本製鉄)

ほんの1年前まで赤字に苦しんだ鉄鋼大手の業績が急改善している。

2021年度上期(2021年4~9月期)決算で、国内トップの日本製鉄は2987億円の純利益をたたき出した。前期の1911億円の赤字からV字回復したばかりでなく、期初に1300億円の黒字とし、8月には2000億円へと上方修正していた業績予想も軽く上回った。

通期の純益見通しも5200億円と、8月時点のものから1500億円引き上げた。2期連続の赤字から脱却するとともに最高益を更新する。「(新日鐵住金として)統合後、最高益を狙えることを素直に喜んでいる」。森高弘副社長は決算会見でそう胸を張った。

にわかに改善した3つの理由

国内2位のJFEホールディングスも上期の純利益が1407億円と、前期の赤字から黒字転換した。通期の純益見通しは2500億円へと、こちらも今期2度目の上方修正を行った。

国内3位の神戸製鋼所も上期の純利益は325億円と、赤字だった前上期から浮上。通期の純益見通しを500億円へと引き上げた。やはり今期2度目の上方修正となる。

3社の業績を牽引したのは主力の鉄鋼事業だ。今上期の鉄鋼事業の利益は日鉄が4482億円、JFEが1585億円、神戸製鋼は124億円で、3社とも前上期に比べ大幅な利益改善となる。上期の鉄鋼事業の利益率はJFEが11.2%、日鉄に至っては15.7%と過去にない水準を記録。神戸製鋼は3.6%と見劣りするものの、16.5%のマイナスだった前上期からは大躍進となった。

長く「低迷」「苦境」といった言葉がついて回った鉄鋼事業。にわかに儲かるようになったのはなぜか。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「鉄鋼『急回復』の深層」では以下の記事を配信しています。

日本製鉄は「トヨタ」に1ミリも譲らず

日本製鉄、笑顔なき最高益の先に茨道

鉄鋼生産「中国勢」の圧倒的な存在感

鉄鋼メーカーに待ち受ける2つの難題

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT