トヨタもついに参戦!超ド級「電池投資」の最前線

主戦場のアメリカは怒濤の投資ラッシュに沸く

トヨタがパナソニックと運営する電池の合弁会社、プライム・プラネット・エナジー&ソリューションズ(PPES)の加西工場(兵庫県)と同社のリチウムイオン電池(写真:PPES)

世界の自動車メーカーの間で今、熾烈な“電池争奪戦”が起きている。

9月末、アメリカのフォード・モーターが発表したのは約1.3兆円を投じて米国内に2つの製造拠点を建設するという計画だ。うち約6500億円を電池工場に振り向ける。10月には、欧米系のステランティスに続き、トヨタ自動車も米国に電池工場を作ると表明した。

脱炭素政策のもとでEV(電気自動車)などの電動車シフトを進める自動車各社にとって、どの電池メーカーと組み、どれくらいの量の電池を確保するかは電動化計画そのものを左右する重大事だ。

強気の電池メーカー

矢野経済研究所の調査によると、車載用に主に用いられるリチウムイオン電池の世界市場は2030年に、2020年の約4.5倍となる約760GWh(ギガワット時)まで拡大する見通し。電池メーカー各社は毎年増産計画を発表している。ただ、彼らのラインを自社のために確保するには、難しい交渉が必要となる。

ある自動車メーカーの渉外担当者はこう打ち明ける。「今、電池メーカーは強気ですよ。電池メーカーが発注元を選ぶ。条件として、投資をしてくれ、前払いをしてくれ、年間契約で購入量を保証してくれなど、いろいろと条件をつけてくる。それがのめないのなら売らないぞ、と」。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「電池 世界争奪戦」では、自動車と電池メーカーの関係性やパナソニックの戦略、全固体電池の実力など、電池業界の最前線について連載記事でお届けします。

トヨタも参戦!超ド級「電池投資」の最前線

パナソニック、慎重すぎる電池投資のリスク

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT