日本に参入「イギリス流」新興電力ビジネスの正体

東京ガスと英オクトパス社の合弁会社が始動

オクトパスエナジーのホームページ画像。顧客本位を標榜している(オクトパスエナジー提供)

イギリス発の新興エネルギー企業が日本にやってきた――。

東京ガスとイギリスの新興エネルギー小売企業「オクトパスエナジー」の合弁会社「TGオクトパスエナジー」が11月中にも日本で営業を開始する。

同社の中村肇社長は「お客様のニーズに合ったさまざまな電力メニューを開発し、2030年までに現在の大手新電力会社並みの数百万件の顧客獲得を目指す」と意気込む。イギリス発のビジネスモデルは日本の電力業界をどのように変えるのか。

独自サービスを武器に大躍進

イギリスでオクトパスエナジーが設立されたのは2015年。それ以来、「100%再生可能エネルギー由来」の料金メニューなど、顧客ニーズをとらえた商品を次々と開発。現在までの累計で約250万件の顧客を獲得し、イギリス国内の市場シェアで第5位を占めるに至っている。

さらに、ドイツやオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、スペインでも電力の小売販売を展開し、全世界レベルの顧客数は約350万件にのぼる。同社が開発した顧客管理システムの提供先を含めると、広い意味での顧客数は約1700万件にのぼるという。>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT