中国製「380万円EVトラック」が日本に参入の衝撃

日本の車メーカーは「やられた」と口にする

東風小康汽車が生産するEVトラック。SBSホールディングスは2022年から本格導入する予定だ(写真:記者撮影)

日本の宅配市場に、中国製EVトラック参入の波が押し寄せている。

3PL(物流の一括受託)大手のSBSホールディングスは10月、京都のEVファブレスメーカーのフォロフライが開発するEVトラックを、協力会社も含めて1万台導入する方針を発表した。このうち一部を、中国の国有自動車大手、東風汽車集団傘下の東風小康汽車が生産する。東風小康汽車製のEVトラックの販売価格は、1台当たり約380万円と超低価格だ。

今回採用するEVトラックは2021年内に走行試験を終え、メンテナンスや整備体制を整えた後に、2022年から順次導入を開始する。

同社は今回導入するEVトラックの1万台のうち、東風小康汽車製を含む約2000台を、グループ会社で消費者に直接商品を届けるラストワンマイル向けに使用する予定だ。充電1回当たりの航続距離は300キロメートルで、夜間に6~8時間かけて充電しておけば、日中は追加の充電なしに配達できる。

「本当は日本製を導入したかった」

なぜSBSHDは中国メーカーが生産するEVトラックを導入することになったのか。同社の鎌田正彦社長は、「本当は日系メーカーが生産するEVトラックを入れたかった」と打ち明ける。

同社は5年ほど前からEVトラックの導入の検討を始めた。ところが、日系メーカーの場合、車両価格が1台1000万円以上と高額で、なかなか採用に踏み切れなかった。また海外メーカーの中には低価格EVトラックを販売しているメーカーもあるが、品質面で懸念が残った。しかし、この両方を叶えることができるメーカーが中国にあった。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「トラック CASE最前線」では以下の記事を配信しています。

中国製「380万円EVトラック」日本参入の衝撃

プリウス開発者が挑む電動化時代のトラック造り

いすゞ自動車の社長が抱く「強烈な危機感」

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT