武田薬品、投資家の失望を招いた新薬開発の中断

現実的な「成長ストーリー」を示す必要がある

期待の新薬候補の開発中断を株式市場はネガティブに受け止めた(撮影:今井康一)

製薬最大手・武田薬品工業の株価が振るわない。

きっかけは、開発中だった睡眠障害の新薬候補「TAK-994」の臨床試験の中断だ。10月6日にこれが発表されると、株価は一時10%以上値を下げ、3000円台前半の推移が続く。

株式市場がネガティブな反応を示したのは、TAK-994が武田の今後の成長にとって非常に大きな意味を持つ新薬候補だったからだ。

大型化が期待されていた

武田薬品は現在、2024年度までの承認取得を目指して10以上の新薬候補を開発中だ。これらの新薬による売上高はピーク時には最大合計1兆円を超える、と説明してきた。

そのうち6000億円以上は「ナルコレプシー」という睡眠障害の薬が占める見通しだ。この病気をターゲットに現在3種類の新薬を開発する中、今回治験が中断になったTAK-994は最も開発ステージが進んでいる飲み薬だったこともあり、3つの中では中心的な存在だった。

この新薬候補が重要な意味を持つのは、単に大きな売り上げが見込まれていたから、というだけではない。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT