ノーベル経済学賞は「現実世界」に役立つのか

「因果推論」は現実の政策にも影響を与えたか

今年のノーベル経済学賞は3人の教授が受賞した(編集部撮影)
2021年のノーベル経済学賞受賞者が、米カリフォルニア大学バークレー校のデビッド・カード教授、米マサチューセッツ工科大学のヨシュア・アングリスト教授、米スタンフォード大学のグイド・インベンス教授に決まった。
データから因果関係を測る「因果推論」の手法を洗練させ、現在も広く使われる枠組みとして確立したアングリスト氏とインベンス氏の業績について、アングリスト氏と共同研究も行っているイエール大学助教授で起業家の成田悠輔氏に聞いた。
成田氏は労働・教育経済学と計量経済学・因果推論の専門家だ。


──アングリスト氏とインベンス氏の確立した手法によって、経済学者は多くのテーマで「因果関係」のインパクトを正確に測ることができるようになったと(前編はこちら)。

因果関係のゴールドラッシュが起きました。前編で解説した「操作変数法」という単純明快な手法を当てはめれば、面白く重要な効果が測れる。それに気づいた研究者たちが、1990年代から現在まで文字どおり何万本もの論文を書いたからです。

「教育の絶対量は将来の収入によい影響を与える」
「教育には効果を持つものと持たないものがあり、少人数学級や民営の公立学校などは学力に目覚ましい効果を持つことがある一方、単なる有名エリート進学校などは効果を持たないことも多い」
「ヨーロッパ的な政治制度は経済成長によい影響を与える」
「医療保険への加入は健康と精神状態によい影響を与える」

などが確かめられました。

──成田さんは今回の受賞者たちと親しくされているそうですが、個人的にお付き合いされる中でどのような印象を持っていますか。

それぞれまったく違う個性を持つ人たちです。いちばんわかりやすいのはアングリスト氏で、授賞対象となった研究の手法をある種のイデオロギー・宗教のようにガンガン布教していくプチ炎上商法スタイルをとりました。

なりた・ゆうすけ/米イェール大学助教授・ 半熟仮想株式会社代表。専門はデータと数理を用いたビジネスや政策のデザイン。米マサチューセッツ工科大学Ph.D.受賞者のアングリスト氏と自然実験や操作変数法を用いた教育政策の効果測定を多数実施。

彼が書いた有名な教科書に、Mostly Harmless Econometrics(邦題『「ほとんど無害」な計量経済学』、ヨーン・シュテファン・ピスケとの共著)という本があります。

ダグラス・アダムという作家が書いた有名SF巨篇『銀河ヒッチハイク・ガイド』の完結編『ほとんど無害』のもじりですが、宣戦布告文書みたいなところがある。ざっくりいうと、自身の推し進めるような研究のやり方を「無害」としつつ、異なるアプローチで研究している人たちのことを「有害」と批判しているのです。

>>インタビューの続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT